Category Archives: 未分類

バッグのクリーニング

バッグは使い捨てではありません。部品を取り換えたり、ほつれた部分を修理したりすることで、バッグは元の姿に近いものとして蘇るのです。ただ、バッグ本体の皮やキャンバス生地は傷みよりも、汚れや変色、あるいは変形などが生じてきます。この場合は、業者にクリーニングしてもらえばいいのです。

革製のバッグの場合、特殊な洗剤やオゾン水を使いバッグ本体を丸洗いしていきます。こうすることで、汚れや脂などが落ち、また殺菌もできるのです。洗ったバッグは乾燥させ、その後傷や色落ちの部分を補修していく作業となります。次にスエード生地です。スエードは非常に扱いの難しい皮素材です。しかしプロの手に任せることで、新品に近い風合いを取り戻せるのです。

そして布製のバッグです。布は皮と違って補色ができません。しかし、汚れをしっかりと落とすことで、買った時の鮮やかな色に復元することができます。布製のバッグはまず、ほこりや大きなゴミなどを手作業で取り除いた後、洗剤で汚れを洗い落とし、成形して乾燥させるという作業となります。もちろん、皮、スエード、布以外のサテンやナイロンスパンコールなどの素材も、業者に相談することで修理が可能な場合があります。バッグは修理とともにクリーニングも必要なのです。

バッグの修理箇所

バッグは日常的に、よく使われるものです。したがって、使っていくうちにほころびが生じてきます。そして多くの場合、バッグが傷んできたらそのまま使い続け、限界に達した時は買い替えるということになるのです。ただ、バッグは修理すれば使い続けられるのです。古くなってきたと感じたら、バッグ修理を業者に依頼するのも一つの手段です。

バッグの壊れやすい箇所としては、まず最も酷使する持ち手でしょう。切れたり汚れてしまった持ち手は交換することで生まれ変わります。次に根皮の修理です。根皮とは、持ち手と本体を繋げている皮の部分です。損傷した皮を取り除き、似たような皮で補修するのです。また、その根皮部分に金具を使用しているものがあります。変色していたり、傷が入ったもの、壊れたものは利用者に確認の上、似たような金具に取りかえることで、バッグが蘇るのです。

他の部分としては、意外と痛みが激しい内袋の交換や、バッグの底の部分に施されているパイピングの修理、バッグの入口となるファスナーの交換などがあります。パイピングが擦れてしまったということだけで、バッグを廃棄するのではなく、修理や部品交換をすることで、バッグは長持ちするのです。大切だからこそ、メンテナンスが必要と言うことなのです。

バッグの役割と種類

買い物や旅行、あるいはビジネスなど、生活のあらゆるシーンでバッグは重宝されています。例えば、旅行にいくときなどは、着替えの服やカメラやタオルなど簡単な日常品を入れていきますし、ビジネスでは重要な書類や電卓、筆記用具などを持ち歩けるようにバッグに収納しておきます。

このようにバッグの役割としてはまず、実用性があります。生活や仕事においてバッグが果たす役割はとても大きなものとなります。そしてバッグの役割としてもう一つ、ファッション性が挙げられます。特に女性にとってバッグは必需品です。これは物を持ち歩くという元来の目的もありますが、やはりブランド物のバッグなどはファッションの一部としての役割を担うものとなります。バッグは実用性とファッション性という2つの意味を持ったもので、それぞれの使い方や目的に合わせて、誰もが複数のバッグを所有しているはずです。

これらのバッグの種類としては、ビジネスではビジネスバッグやスーツケース、旅行に使うことの多いキャリーバッグ、もちろん女性のハンドバッグや男性ではメンズバッグなどがあります。特殊なものとしては、楽器を入れるバッグや自転車を入れるバッグなどでしょう。このように、ひと口にバッグと言っても、多種多様のものがあるのです。

バッグ修理は専門業者へ

誰もが一つは持っているバッグですが、用途に応じて様々な種類があります。書類や資料などを入れるためのビジネスバッグ、着替えなどを入れる旅行バッグ、他にも女性が普段持ち歩いているブランド品のバッグなど、日常生活を送る上でバッグは必需品となっているのです。

バッグは大きく分けて、ビジネスや旅行など、ある目的を持って使う実用的なバッグと、特に女性が好むファッションとしてのバッグという2つの顔を持っています。どちらにせよ、使っているうちに、或いは経年劣化のためところどころが傷んでくるものです。そうなったとき、多くの人がバッグを買い替えることを考えます。しかし、バッグは専門業者にバッグ修理を依頼することで、まだまだ長く使えるものなのです。もちろん、人からプレゼントしてもらったバッグや、お気に入りのバッグなど捨てられないバッグは特に、修理することで輝きが取り戻せるのです。

バッグの修理箇所として多いのが、持ち手の部分です。これは交換することで復元できますし、他にも、根皮と呼ばれる持ち手とバッグ本体を繋ぐ部分も傷みやすいところです。また、金具や内袋なども取り替えたり補修することでバッグの寿命は延びるのです。また、バッグや革製、布製など素材にも種類があります。特に革製のバッグは色落ちしたり汚れたりした場合、自宅では洗濯できません。そういった場合も専門業者に依頼すれば、きれいにクリーニングしてもらえるのです。このサイトは、専門業者に依頼するバッグの修理について説明します。